上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.01 Death Note
デスノート観てきましたよ、ハイ。


実写もおもろいですね。こいつは


この先はネタバレになるので



これから映画を見る人 で、 ネタバレ勘弁  


って方は見ても責任を取れません(ぁ


ではでは
完全にネタバレに入ります。



再度言いますがネタバレ勘弁な方は見ないように・・・






映画を見ての感想ですがまず配役面。


これは結構イイ方ですかね。

月、L、松田あたりが良かったです。


だがしかし!


ワタリがサイコー ヽ(゚∀゚)ノ

比べてみよう!

まずは原作ワタリ!

SA340009.jpg





そして次が配役のワタリ!

fujimurasan.jpg



狙ってるとしかwwwwwwwww




さ、さて次にストーリーですが

最初はビミョーでしたね。

原作を読んでいたからだとは思いますが、けっこう複線をはしょって

いるのでなんでーとか思いましたが。

が、後半。映画オリジナルの部分に入ってからが良かった。

特に最後の南空ナオミと対面シーンは良かった。



月がキラだと疑っていた南空ナオミは月の恋人の

詩織(映画オリジナル)を人質に取る。南空ナオミはLに連絡し、

自分の命をもって月がキラであることを証明しようとする。

しかし、しったことか、と警察官を現場へ向かわせる総一郎。

月もナオミに呼ばれ現場の美術館へ。

ナオミと人質になった詩織と対面する月。

ナオミは自分の本名を教え、自分を殺してみろ、と言う。

月は月で自分はキラではないと否定する。

そこに警察のサイレンが響く。詩織はスキを見て逃げ出す。

が、ナオミが発砲した拳銃が、詩織に命中。死んでしまう。

泣き叫ぶ月。警察がやってきて混乱したナオミは自殺を図る。
 



というシーンなんですが、

最初、月が人並みの恋愛感情を持っているようで、

( ´_ゝ`)・・・全然月らしくねー 

と思っていたのですが・・・現場にリュークと二人になった月が






「計算どおりだ」






だまされたwwww




見事にやられたと思いましたね。


すべてデスノートに書いてあったことなんですね。


やっぱり月は月だった(´ω`)・・・・


このシーンは原作を読んだ方もみな楽しめたのではないでしょうか。


ってなわけで後編も実に楽しみですね。


是非見にいきたいです。



今日の一言


「りんごが食べたいのぉ??」


もちろん死神リュークのセリフです。


中村獅童がこれを言ってると思ったら思わず噴出してしまいましたw
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sumomotheater.blog63.fc2.com/tb.php/45-3c2ddddd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。